【淡路地区】花緑いっぱい運動推進員 ワークショップを開催しました

淡路地区の花緑いっぱい運動推進員を中心に、ワークショップを開催しました。

日時:令和6年5月28日(水)10:00~15:00
場所:講義 兵庫県洲本総合庁舎多目的ホール(洲本市塩屋2-4-5)
実習 洲本市宇山1-3-30 NTビル裏手花壇
テーマ:街中でホットな癒しを感じる花壇づくり
内容:土づくり(土壌改良)についての講義と市内の花壇にミモザやペチュニアなどを植栽

講師:稲澤範治さん(ひょうごガーデンマイスター、グリーン工房いなざわ代表)
受講者:21名
主催:公益財団法人 兵庫県園芸・公園協会、兵庫県淡路県民局

午前中は土壌改良についての資料を使って花壇に向いた土づくりについての見識を深めました。午後は現地の花壇で植栽の予定でしたが、台風接近の悪天候のため希望者だけの参加とし、用意した花苗ごとの扱い方を学びました。後日、近隣の洲本実業高校の学生と一緒に、植栽を実施し、素敵な花壇となりました。

花緑いっぱい運動推進員についてはこちらから

花緑いっぱい運動推進員募集兵庫県では、花と緑あふれる美しい県土づくりを推進するため、花と緑のまちづくりに一定の技術や知識をお持ちで、地域における花緑活動のボランティアリーダーとして実践活動や人材育成に取り組んでいただける方を募集しています。令和6年4月現在、193名の方が花緑いっぱい運動推進員として活動されています。詳しくはお住まいの県民局ごとの下記応募案内をご覧いただき、申請書に必要事項を記入の上、各県民局土木事務所まちづくり担当課まで提出して下さい。花と緑の活動